不埒もの瓦版

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

生麦

東京へ遊びに行って来ましたっ☆

今回はまず、友人と品川で待ち合わせて京急の生麦駅から徒歩十分ほどの場所にある「キリン横浜ビバレッジ」で工場見学です。
と、その前に9月のスクーリングのための「スルッと関西3days・全国版」を京急の品川駅でゲット!
関西版だと9月2日までしか使えないんですよね。
品川から生麦までは、すぐでした。
「ここって生麦事件の生麦だよね~」とか言いながら歩いていたら、ありました事件の碑が↓
a0093597_13524927.jpg


キリン工場見学後は、お目当てのビールの試飲、タダで飲んでおいて何ですが…
「今までアサヒとサントリーとキリンの工業見学をしたけど、サントリーの工場で飲んだ、プレミアムモルツが一番美味しかったね~」とか言いながら飲んでおりました。

そして昼食は、ここに併設されているレストランにて焼肉を。羊、牛、豚、鳥、とあるんですが、羊はちょっとクセがあるので、無難なところで牛と鳥を頼みました。二種類のタレがあって、それぞれ美味しかったです。焼きながら食べる焼肉は久しぶりだったので、とっても美味しーです(^^)

工業見学の後は横浜の「みなとみらい」にある「よこはまコスモワールド」へ。アトラクション系ははやっぱ、ディズニーランドやUSJに比べると物足りない感じですが、入場料は無料なので、気軽に遊べる遊園地ですね。

その後は東京のホテルでチェックインして、今度は池袋へ移動です。ここのサンシャインスターライトドームというプラネタリウムの、20時からのプログラム「天の川幻想」を体験するためです。これは、音と匂いと視覚で感じるヒーリング番組でして、星空と静かな音楽と、ここちよいアロマの香りを楽しむプログラム。
気持ち良過ぎて眠ってしまいそうになります(^^;;
隣の友人はほとんど寝ていたような…
[PR]
by aoikoishi | 2007-08-21 14:14 | その他

お盆ですね。

お盆ですね、みなさまいかがお過ごしでしょう?

私は明日は病院です。
入院前の検査って事で「肺活量」と「心電図」の検査の予定。

よりによって何でお盆の15日に、と思いますが、病院ってお盆でも
開いてるんですね。医療関係者の方々ご苦労様です。
あ、個人病院なんかは休業してるみたいですが…


ところで最近、お盆でもテレビであまり「心霊特集」って、やってませんね。
私は怖がりのクセに、心霊モノって好きだったんですが。
最近では流行らないのでしょうか?

先日、「観光論」のテストを受けたんですが、あとで自分の解答案を
見るとボロボロ間違った記述が見つかって…笑えました(オイ)
だって「レクリエーション」って書くところを「リラクゼーション」って書いて
んですよ、私。

もう、何やってんだか ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ ←ヤケ
[PR]
by aoikoishi | 2007-08-14 16:05 | お勉強

演習終了!

8月10日から8月12日までの史学演習3に参加しました。
これで7月からの学芸員の方の実習と、史学演習を無事に
終了することが出来、少しホッとしています。

さて、史学演習3の方のレポを少し…

史学系は人数が少ないので、ちょっとビクビクしていた
のですが、今回の演習の参加人数は22人でした。
とりあえず良かったです、一桁じゃなくて。

まずはお馴染みの自己紹介から~
しかし、奈良大に入学してから演習やら実習やらで、
何回自己紹介をしたことでしょう(^^;;
いいかげん、しゃべる事がなくなってきますが、
他人の自己紹介を聞くのは楽しいです。

でもって今回の演習のスケジュールは
こんな感じです↓

1日目 
10:00~11:10 ガイダンス1
11:20~12:30 ガイダンス2
13:20~14:30 史料購読1
14:40~15:50 史料購読2

2日目 
10:00~11:10 講義1
11:20~12:30 講義2
13:20~14:30 研究発表1
14:40~15:50 研究発表2

3日目 
10:00~11:10 研究発表3
11:20~12:30 研究発表4
13:20~14:30 研究発表5
14:40~15:50 総括

ガイダンスについては、歴史の研究法、学習の進め方。
卒論の進め方、日本古代史の研究法。史料概説。

とりあえず古代史の史料ってのはこんな感じってことです。
    ↓
①正史(六国史)…国の正式な歴史書
 ・日本書紀
 ・続日本書紀
 ・日本後記
 ・続日本後期
 ・日本文徳天皇実録
 ・日本三代実録

②法令集(律令格式)…法律をまとめたもの
 ・大宝律
 ・大宝令
 ・弘仁格
 ・延喜式 など

③文学作品
 ・万葉集
 ・懐風藻など
 ・風土記
 ・日本霊異記

④その他
 ・日記
 ・金石文
 ・古文書
 ・出土文字資料

ガイダンスのあとは楽しい(ウソ)史学購読のお時間です。
これは5月にすでにA3用紙で2枚、びっしりの漢文配布されていて
「読んでもらいますから、予習しておいて下さいね」ってヤツ(><)

私は丸さんとこのブログで教えてもらった、コピー作戦で
何とかのり切れました、読み下しのコピーだけで、意味とか
は調べてなかったのですが、当てられた箇所が簡単な所だった
ので、なんとか意味も答えられました。ホッ

2日目は講義です。
先生の奈良時代の話は大変面白くて、卒論奈良時代にすれば
良かったぁ、と思ったり~
でも鎌田先生の時は、近世もいいなぁ~と思ったり
すぐに他人に影響されてしまうのです(*^^;;

ちょっと雑談ですが。
オープンキャンパスで高校生とも先生は、お話をしたそうですが、
歴史が好きだからと言う理由で、史学科に入っても、高校までの
歴史と史学は違うものだと言う事。
だた年号を覚えるだけの高校までの歴史は、史学には役に立たない。
高校までの勉強で、史学をする上で役立つのは「英語」(西洋史の場合)と
「漢文」(日本史の場合)だけだと言っておられました。

ガーン、私どちらも苦手だよ~(><)

午後からは、嬉し恥ずかしの「研究発表」
これも5月に「個人発表してもらいますから、レジュメ作ってて
下さいね~」と申し渡されていたものでした。
1日目に各自が用意したレジュメを回収して、2日目にはコピーして
全員に配ってから、発表します。

さてさて、私の発表順序は2番目でした~(^^;;
早く終わらせた方が、落ち着いて他人の発表を聞けるからいいんです。
発表の方の後は、質問コーナーやら、先生のアドバイスやら、あって
この発表が3日目も続きました。

最後に先生からの総括、主に卒論についてです。
資料の探し方はコレだっ!
           ↓
①「国史大辞典」で調べる→参考文献などを掲載している場合もある
②新しい論文を探す→「史学雑誌」5号-回顧と展望-前年の主な論文を紹介
③地方誌などを活用する(特定の地域について書く場合)
④「古事類苑」の索引から用語を調べる

あと卒論を書く上の注意点として

・あまり結論を急がない→そこへ至るまでの過程が大切
・他の人が読むことを考える→初めて出てくる言葉などについては説明を
・推敲を何度もする(読みかえす)
・調べた事を全部書こうと思って、詰め込みすぎないこと
・やってみたいことは、すぐに着手すること

以上です。少しは参考になったでしょうか?(^^;;
文章下手でスミマセン…でした。
[PR]
by aoikoishi | 2007-08-13 00:33 | お勉強

今日から史学演習です。

今日からスクーリングです。

8月はこの「史学演習3」のみ、あと9月と2月に一回ずつスクの予定を入れています。
授業の内容は、また後日。実は今スッゴイ時間がないんです(><)
12日に観光論のテスト受ける予定のクセに、昨日の深夜にやっと解答が出来たので、スク後の今日と明日で何とか頭に詰め込まなきゃならんのですっ!!

演習で発表するためのレジュメとか作ってたら、ほんと時間がなくなっちゃって…
大丈夫かな12日。

あと、今日スクから帰ったら奈良大から先月受けた試験の結果がっ!!
合格していますように、お願い!(^人^) と、手を合わせてから開封。

ご、合格していました。ホッ
今までで一番自信が無かった出来だったので、半分あきらめていましたが、なんとか通してくれました、先生ありがとう!!
でも、ほんと予想通りギリギリでした(^^;;

美術史概論    : 60点
東洋史特殊講義 : 78点

あはは、60点…ほんと危ない橋わたってますね(^_^;;
[PR]
by aoikoishi | 2007-08-10 22:59 | お勉強

博物館実習3館目「日本民家集落博物館」

とうとう実習も3館目です。
一番恐れていた野外博物館…
講義も食事も野外?と、かなり恐れていたのですが
民家の中の「南部の曲屋」に、机と座布団が用意してあって
そこで、食事や講義を受けるようになっていました。
なんだか、ちょっと寺子屋風(^^)

事前のお話では「日本民家博物館」には学芸員の方がたった
一人でがんばっておられるとか。
なので小さな博物館かと思っていたら、なんのなんの、広いです。
里山です、村落です!
園内には17~19世紀(江戸時代)に建築され、昭和30年代まで
人々が生活をしていた各地の民家が移築されています。

しかし、どうも私はこの博物館とは相性が悪いようで、三回も迷って
しまいました(^^;;
一回目は初日の朝、ぜんぜん違う方向へ行っていたようで、気づいたら
周りに誰も人がいなくなり、なんか目の前は山道っぽいし…
「どこさ、ココ?」
そして、ようやく、「これはあきらかに違う」と気がつきました。
あわてて道を引き返して戻ったところに、三匹の猫さん達を発見し、
ご一緒させてもらい無事到着。


二回目は一日目の昼食を外でとったあと、もどってきた民家集落博物館の中で迷いました(爆)
集合場所の南部の曲家の場所が分からなくなってしまって、アセッてたら
奈良大のスクーリング用名札をつけた人を発見し、「すみません、場所が
分からないんですけど」と、教えてもらいました。でもなんか、ちょっと
あの人、笑ってた(><)キィー!

三回目は二日目の帰りです、へらへら歩いていたら、いつの間にか知らない場所にっ!!これは近くに地図の案内板があったので、なんとか自力で駅にはたどりつけましたけど…

ま、そんな事はどうでもいいですね。

さて実習の方の一日目は、日本民家集落博物館の概要について館長さんからのお話のあと、解体修理中の民家を見学及び解説。そして質問など…
質問コーナーの方は、また「ドキドキ」しちゃいましたぁ(*><*)

この日の昼食は、私持ってきてなかったので(実は博物館までの行きの道中で、コンビニにでも寄って買おうと思っていたのですが、遭難しかけていたので、それどころじゃありませんでした(^^;;)なので、学芸員さんに教えてももらった近所の喫茶店へ行くことに。

や~、やっぱりクーラーのある場所はいいですねぇ。みんなは南部の曲家で昼食しているんですが、当然ですが曲家にはクーラーないんですよ。でも喫茶店の中は、クーラーで涼しくて快適だったので、私は「明日もここで食べよう」と固く、自分に誓いました。

午後からは、学芸員さんから移築民家についてと、茅葺き民家についてのお話。その後、解説をしてもらいながらそれぞれの民家を見学です。

解説してくれたのは、民家博物館のたった一人の学芸員さん。
水野先生曰く「リスみたいな人」、その心は、ずっと飛び回っているから~
そのとうり可愛らしい女性なのに、すっごくパワフルで、モンペ姿で、
掃除から猫の死骸の処理までやらなきゃならないとの話を聞き、
ほんと学芸員の仕事って大変なんだと思いました。

それなのに、そんな急がしい中、私達のために時間を割いて下さって
私は、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。
でも、この博物館には学芸員さんは一人なのですが、ボランティアさんが
70人ほどいらして、それぞれ解説ボランティアなどで館の運営を助けて
いるのです。これも、すごい事だなぁと思います。

ではここで、文章ばっかじゃつまらないので、民家博物館の写真など…
a0093597_0321762.jpg

↑ここは大和十津川の民家(奈良県)です。
学芸員さんの説明によると、十津川村は、幕末、勤皇派の村だったそうで
なんと、トイレの中に刀掛けがあるのです↓

a0093597_0341564.jpg

↑ちょっと読みにくいですが、「『刀掛け』(この便所内部の右側)刀を肌身離さずもっていた幕末の郷士の緊迫した様子がうかがえる」と書いてます。
そしてコレが↓便所内部の刀掛けです。
a0093597_0375234.jpg


ついでに、これは↓別の民家の便所の写真。
あれ、どこだったかな?たぶん飛騨白川の民家(岐阜県)の便所だったと思います。
a0093597_041013.jpg

↑「へんちゃ(便所)同時に2人が使用できる。」って書いてるんですが、
昔の人って、2人で便所に入ってたんですか?(^^;;

最後に、博物館の出たところにある公衆トイレ↓も撮影してみました。
a0093597_0415446.jpg


なんで、便所の写真ばかり…


そして二日目は、実習です。
班ごとにわかれて、民家の掃除や障子張りなどするのですが
私は木の枝や、切断した木を一輪台車に載せて、運ぶ作業でした。

この一輪台車、なかなかバランスが難しく、木を山盛り積むので重いのです。
運ぶ場所は距離的にはそう遠くないのですが、ちょっと上りになってて押すのには力がいります。私ともう一人の女性の方で交互にやってたのですが、何往復もしていると、暑さと重さで、かなり辛くなりました。
台車に木を積んだり、降ろしたりの作業で腰は痛くなってくるし…
翌日、案の定、筋肉痛になりました。くすん

でもって二日目の昼食も、昨日の喫茶店に行くことに~。
この日は、かるほさんとタラさんと、ご一緒しました。
私は昨日から気になっていた「抹茶トースト」と「ミックスジュース」
かるほさんは「キノコスパゲティ」、タラさんは「コロッケ定食(?)」

午後からは再び作業…
収蔵庫内の防虫剤の入れ替えだったんですが、
収蔵庫って言うか、蔵なんですが、ここの中がサウナ状態。
もう暑くて暑くて、顔から汗がタラタラ。

その後は、水野先生の講義です。お題は「将来の博物館像」
相変わらず面白すぎです、先生。
引き続き、一人ずつ今回の実習の感想や質問など…
これがかなり長引いて、四時半で終わる予定が五時半ぐらいまで
延長されました。来年受講される方、帰りの新幹線は遅めの指定を
取っておきましょう。

そして最後は、みんなで記念写真…
って、なんだか修学旅行のノリだなぁ(*^^;;

ほんと、最終日の作業は暑くて、かなり肉体的には辛かったのですが、五日間の実習自体とても有意義で、楽しいものでした。

学芸員ってほんと大変な仕事だなぁ、と思います。接客から、図録の作成から、猫に死骸の処理までするんですよ~。まあ、みんながみんなソレをやっている訳ではないのでしょうが、でも、いろんな事をやらなきゃいけない仕事なんだと言うのは分かりました。
私が知ったのは、学芸員さんの仕事の、ほんの一端で、もっと、もっと大変な仕事があるのだとも思います。

自分がもし学芸員になれたとしても、そんな仕事が出来るのかと思うと正直自信がないです。でも、もし機会があればボランティアなどで博物館のお役にたてればいいなぁ、と今回の実習をとおして思いました。

                                       おしまい
[PR]
by aoikoishi | 2007-08-08 00:56 | 実習

博物館実習2館目「弥生文化博物館」

1日目のブログは、なんとか帰ってきたその日のうちに書いたんですが
2日目以降は、体力的にムリでした(^^;;

でも何も書かないのは、ダメですね(反省)
せっかく行ったのですから。

ではでは、がんばって書きます。
2日目、3日目は「弥生文化博物館」での実習です。
こちらは「近つ飛鳥博物館」に比べれば、随分と交通は便利です、電車だけで行けますから。あ、でも最寄駅の「信太山駅」は普通しか停車しないらしく、「天王寺」から「鳳駅」まで快速で行って、そこから普通に乗り換えなければなりません。

ところが当日、偶然乗った和歌山行きの区間快速は、快速ですが「信太山駅」にも停車したので、天王寺から一本で行くことが出来ました。でも初めてのる列車なので、乗ったときは本当に『信太山』で停車するの?ノンストップで和歌山まで行っちゃったらどうしよう~」と、ちょっとビクビクものでしたが、どうやら無事に目的の駅へ到着することができました。

「弥生文化博物館」での1日目の午前中は、「自己紹介とそれに対する質問」って事でしたが、みなさんの自己紹介が結構長いので、時間がおしてしまって、ほとんど質問などはありませんでした(^_^;; あひー
午後からは収蔵庫などの見学と講義です。講義の内容は「図録の作成」と「展示企画・資料調査・借用先との交渉・文書のやりとり」そして「博学連携について」です。

そして「弥生文化博物館」2日目は、班ごとでの実習
お題は「図録の作成についての実習」です。簡単に言えば博物館のリーフレットを作りましょう、って感じです。その後、それぞれの斑での発表。

もう一つの実習は「資料の取り扱いについての実習」
これは、収蔵庫にある船橋遺跡を三つ使って、それぞれのコンセプトにもとづいてレイアウト展示をして下さいと言うもの。その後は発表と、それについての意見や質問など…

さて、他の斑のみなさんは「弥生土器」の方へ行っていたので、「じゃあウチの斑は、もう少し新しいモノにしましょう」と、選んだテーマは「船橋廃寺の軒丸瓦の変遷」でした。
その他の斑の作品は、それぞれ弥生土器の「モダン」をテーマにしたものや「宴」、「ごはん」などでした。

実習はなかなか楽しかったですよ~。でも、一番盛り上がったのは休憩中のガチャガチャでしょうか。博物館の入口近くに「埴輪と土偶と土器」のガチャガチャがあって、みんな結構それを熱中して集めて楽しんでいたんですよ(^^;;ははは…
種類は10種類、「踊る埴輪(男性)」「踊る埴輪(女性)」←実はコレはシークレットなのだ。「縄文式土器(火焔式土器)」「弥生式土器」「遮光器土偶」「馬埴輪」「武人埴輪」「ハート型土偶」「ヴィーナス土偶」「みみずく土偶」

かくゆう私も、二個ほどゲットしました~
他の人のも写真撮らせてもらったので、最後にちょいとご披露しますね。
a0093597_125468.jpg

a0093597_132241.jpg
a0093597_134179.jpg
a0093597_135850.jpg

あ、写真についてる文字は特に意味はありませんので(^^;;
実習に来て、な~にやってんだか。

3館目については、また明日にでもアップしま~す。
[PR]
by aoikoishi | 2007-08-06 01:07 | 実習

つ、疲れた…

今日は実習の最終日…
つ、疲れた…
そして腰が痛い…

つーか、なんで女2男1で作業やってんのに
女2だけに何度も運搬作業さすんだよーおらー!!

と、ちょっと愚痴らせて下さい。あまりにも疲れたので…
実習についてはまた後日アップします、明日生きてたら、たぶん。
もうホント、ダメみたい。

あ、でも今からレポートやります…
[PR]
by aoikoishi | 2007-08-04 23:41 | 実習

どうやら卒業できました。みなさん、有難うございましたっ☆  葵 
by aoikoishi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
タップ
お勉強
その他
卒論
実習
未分類

検索

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな